今日は何着ればいい?気温で選ぶ 秋→冬スイッチコーデサンプル

寒暖差の激しいこの時季、正直何を着ればいいかわからない!と思っている方も多いのでは? 今回はそんな悩みを解決する、気温別のオススメコーデサンプルをお届けします。 アイテムの選び方や今っぽく着こなすコツなど、ポイントを押さえて秋冬コーデをおしゃれにアップデートしましょう!
Rakuten Fashion編集部 2019.10.30 更新
index
  1. 秋の定番カーディガンはシルエットが大事
  2. 秋はレイヤードでおしゃれ魅せ!
  3. 今っぽく仕上げるシャツジャケットをチョイス
  4. 見た目も保温性も◎なメルトンコート
  5. 上質なブーツで秋冬コーデを格上げ!
  6. 首元までしっかり温めるタートルニット
  7. 小物使いでおしゃれをランクアップ!
秋の定番カーディガンはシルエットが大事

この時季には、薄めのトップスにカーディガンを合わせた着こなしがオススメ。
今年のカーディガンはドロップショルダーやボリューミーな袖など女性らしいシルエットに味付けされたアイテム選びが基本。
胸元がざっくりと開いたトップスと合わせると抜け感も出て暑苦しさを回避できるよ!

アイテムをもっと見る keyboard_arrow_right
秋はレイヤードでおしゃれ魅せ!

少し肌寒さが増せばレイヤードテクニックを使ってみよう!
大胆に開いたVネックニットなら重ね着がしやすくインナー遊びもしやすい。
カジュアルに着こなすならシンプルなカットソー、キレイめに整えるならブラウスを選んでみて。
さらにこなれ感を出すなら、ブラウスの袖をニットから覗かせること!
立体感が生まれ好バランスに仕上がります◎

アイテムをもっと見る keyboard_arrow_right
今っぽく仕上げるシャツジャケットをチョイス

ニットだけでは肌寒い日、トレンドのシャツジャケットを羽織って今っぽくスタイリング。
シャツジャケットは着丈長めでベルト付きのものを選ぶのが正解◎
シンプルにサラッと羽織ったり、ウエストマークをプラスしてレディっぽく仕上げたり、ボタンを上まで留めてシャツ風に着こなしたりと、いろんな着こなしアレンジが可能。
フレアやプリーツスカートなど甘めなコーデに、ハンサムなジャケットを足してミックステイストに仕上げると素敵♪

アイテムをもっと見る keyboard_arrow_right
見た目も保温性も◎なメルトンコート

7度〜14度になればアウターが必須!
そんな日には、メルトンコートで温かみのある着こなしに仕上げてみて。
ストレートなシルエットよりも、裾に向かって広がるAラインシルエットで女性らしさを出すのがポイント。
パンツを合わせればよりシルエットがはっきりと出ておしゃれに見えますよ◎

アイテムをもっと見る keyboard_arrow_right
上質なブーツで秋冬コーデを格上げ!

洋服だけでなくシューズ選びも超重要。
この時季、出番が多くなるアイテムと言えばショートブーツ!
レザータイプならキレイめコーデとの相性はもちろん、カジュアルな着こなしに合わせてきちんと感をプラスするのもGOOD!
冬はボリューミーになりやすいので、スタイリッシュなブーツでメリハリ感を出してみて。

アイテムをもっと見る keyboard_arrow_right
首元までしっかり温めるタートルニット

本格的な寒さになってきたら、インナーは首元までしっかり温めてくれるタートルニットを選ぼう。
カシミアの上質な素材なら保温性もバッチリ!
トレンドのユルめニットは、ロングスカートやワイドパンツなどリラクシーにスタイリングするのがオススメ。
重くなりがちな冬はカラーアイテムでポジティブ要素をプラスしても◎

アイテムをもっと見る keyboard_arrow_right
小物使いでおしゃれをランクアップ!

真冬になれば小物を駆使してしっかり防寒対策を。
中でも出番の多いマフラーは、肌触りがよくコーデを華やかにするデザイン性の高いアイテムをセレクトしよう!
定番のワンループ巻きはシンプルなので、ピッティ巻きやニューヨーク巻きなど首元にボリュームを持たせたアレンジでおしゃれを格上げ!

アイテムをもっと見る keyboard_arrow_right
気温に適したコーディネートを楽しんで♪

いかがでしたか?
気温に合ったアイテム選びをマスターすれば、おしゃれ見えも間違いなし!
オススメのコーディネート法もぜひ参考にしてみてくださいね!

トピックス

まとめ
LINE
Instagram
SPU
楽天を装った不審なメールにご注意ください