秋にしたい10のこと。 季節を豊かに過ごすための“ちょっといいもの”まとめ

秋にしたい10のこと。 季節を豊かに過ごすための“ちょっといいもの”まとめ

芸術の秋、スポーツの秋…秋だからこそ楽しみたいことがたくさんある。 今回は、秋に楽しみたい10のシーンに取り入れてほしい“ちょっといいもの”をセレクト。 季節を盛り上げる10のアイテムで、今年の秋を少しだけ特別に過ごしてみよう。
Rakuten Fashion編集部 2017.11.10 更新
index
  1. アートを着てみる
  2. スポーツの秋を楽しむ
  3. 音楽を愛でる
  4. ブックカバーにこだわる
  5. ピクニックグッズを揃える
  6. 旅行に行く
  7. ハイキングに行く
  8. エプロンを着て料理をする
  9. 鍋パーティーをする
  10. ボジョレーヌーボーを手土産にする

アートを着てみる

芸術の秋。美術館に出かけてアートを楽しむのもいいけれど、この秋はアートを着てみてはいかがだろう?

デザイナー、アーティストとして活動している神山氏が主宰する『BLANKS(ブランクス)』のコーチジャケットは、フォトプリントバックの迫力たっぷり。

このデザイン、アート好きのあの子にもいいねって言われそう。

“アート”なアイテムをもっと見る keyboard_arrow_right

スポーツの秋を楽しむ

プロ野球、次シーズンまで待てないあなたには、こんなTシャツを推したい。

大人気『FRAPBOIS ZOO(フラボア ズー)』のアニマルたちが各球団とコラボレーション。

数ある球団グッズの中でも人とは一味違ったおしゃれを楽しめる。

もちろん編集部はイーグルスがイチオシだけど、どのアニマルも愛くるしいからぜひチェックを。

野球好きにおすすめのアイテムをもっと見る keyboard_arrow_right

音楽を愛でる

家で、ライブハウスで、秋こそ音楽を楽しむのもいいもの。

もちろん、いつもの服でもいいけれど、「Red Hot Chili Peppers」を象徴するアスタリスク・ロゴのアイリス(眼球の光彩)をプリントしたパーカーを着てみたら、ちょっと気分が盛り上がるかも?

気負わず着られるパーカーだから、リラックスタイムにもおすすめ。

バンドプリントのアイテムをもっと見る keyboard_arrow_right

ブックカバーにこだわる

読書の秋、せっかくならブックカバーにこだわってみてはいかが?

世界的に注目されているイラストレーターSayori Wadaと『ROOTOTE(ルート―ト)』のコラボレーションブックカバーは、ポップな文豪のイラストプリントがCOOL!

漱石や太宰と並んで、芥川賞作家・又吉先生のお顔も。

受賞作『火花』の映画公開ももうすぐだし、こんなブックカバーを持っていたら話のネタにもなりそう。

ブックカバーをもっと見る keyboard_arrow_right

ピクニックグッズを揃える

デキる男ならツールにこだわりたい。もちろんピクニックでも。

A4がすっぽり入るこのクールなトート、実は迷彩柄の保冷バッグとレジャーシートつきだから、これひとつでピクニックでもヒーローに。

普段使いのバッグにはもちろん、インナーBAGは2Lのペットボトルが3本入るし、レジャーシートは大人2人がゆったり座れるからいろんなシーンで使えて賢い。

保冷バッグをもっと見る keyboard_arrow_right

旅行に行く

秋晴れの気持ちのいい日にはふらりと旅行に行きたくなる。バックパックひとつで、身軽に。

機能性とスタイリッシュなデザインが人気の『BACH(バッハ)』の「TRAVELSTAR」なら、手持ち用のハンドルや取り外し可能なショルダーベルト付き、使い勝手のいい開口部で1~2泊の旅行にぴったり。

こんなバッグを手に入たら、気の向くままに旅行に出かけよう。

バックパックをもっと見る keyboard_arrow_right

ハイキングに行く

秋の休日は、紅葉を見にハイキングに出かけるのもいい。

たくさん歩く日は、温度調節がしやすくて風を防げる『ARC’TERYX(アークテリクス)』のシェルジャケットがおすすめ。

透湿性・防水性の高いGORE-TEX®gamentを使用したBETA SLに『BEAMS(ビームス)』が別注したミリタリーカラーのデザインは、今の気分にマッチ。

お気に入りのジャケットに袖を通したら、ちょっと寒い日の外出も楽しくなりそう。

マウンテンパーカーをもっと見る keyboard_arrow_right

エプロンを着て料理をする

食欲の秋、料理に挑戦してみるのもいいかも。

デニム好きから熱い支持を受ける岡山発のブランド『Johnbull(ジョンブル)』の「メーカーフッドエプロン」は専業のマイスターとコラボ製作される、まさにクラフトマンシップの結晶だ。

HOTEL ANTEROOM KYOTOやCLASKAなど話題の施設を手掛けたUDSが運営する「リラックス食堂」とコラボレーションしたエプロンは、ミトン代わりにも使える前掛けのポケットや、裾のスリットデザインがさずが。

上級者にももちろんおすすめだけど、何か始めたい秋、素敵なエプロンから入ってみるのもアリでしょう。

エプロンをもっと見る keyboard_arrow_right

鍋パーティーをする

だんだん肌寒くなって、いよいよ鍋が美味しい季節がやってきた。

今年の忘年会は皆を家に呼んで、鍋パーティーをしようかと考え中のあなたには、シンプルでちょっと愛らしいこちらの土鍋をプッシュ。

吹きこぼれにくく、蓋のつまみ部分は転がりにくい形になっているから、皆でわいわい楽しみたい日にもぴったり。

鍋グッズをもっと見る keyboard_arrow_right

ボジョレーヌーボーを手土産にする

秋と言えば、ボジョレーヌーボー。解禁日が待ちきれないあなたは、グッズを揃えてその日を待とう。

ボトルがちょうど入るトートバッグがあれば、ワインを手土産にしたい時にちょうどいい。

ゆるいイラストのプリントにほっこりしながらワインライフを楽しもう。

トートバッグをもっと見る keyboard_arrow_right
ちょっといいもの、のある秋。

シーンに合わせてアイテムを選ぶのもよいし、買ったアイテムから秋にしたい10のことを楽しんでみるのもいい。

お出かけも、リラックスタイムも充実させるアイテムを揃えて、季節を存分に満喫しよう。

トピックス