【RF mag.】ミリタリーコートを女っぽく着る

キルティングコートは、
ロング丈を選んでレディに着る。

キルティングコートのコーディネート

淑女の3WAYジャケットはいかが?

ベージュのボアコートのコーディネート


異素材ミックスの可能性、ここにあり!

カーキのミリタリーブルゾンのコーディネート

ビッグシルエットのコートでリラックス

ビッグシルエットコートのコーディネート

リバーシブルと計算された
ディテールに注目を!

リバーシブルコートのコーディネート

着こなしの幅を広げる、
新発想コート

モッズコートのコーディネート

ビジネスシーンにも活躍する、
大人の“きちんと”コート

ネイビーのコートのコーディネート

from editors

女性にメンズライクな
ミリタリーコートがウケる理由。

 以前、テレビドラマの制作会社に勤める女性に聞いた話だが、登場人物のキャラクターを際立たせるために1番、役立つ洋服はコートだそうだ。衣類の中でも面積が大きく、1番上に羽織るものだから、人間像が伝えやすいという。なるほど、「装うことは自分らしく生きること」だもの、頷ける話である。私自身も、冬の装いでなにかひとつだけ新調するとしたら、迷うことなくコートにする。毎日着ていいものだし、長持ちするし、ガラッと印象を変えられる。もちろん他のアイテムに比べれば値が張るものではあるが、着方次第で元は取れる。
 今年の傾向としては、メンズライクなミリタリーコートや、ボアブルゾン、キルティングなど、カジュアルなコートに人気が集中している。フォーマルが必要な場所に出かける機会がぐっと減ったことはもちろん、どんなにおしゃれで品良く見えたとしても、硬い素材や動きづらいフォルムのコートを毎日着られるほど、私たちの心は元気ではない。「おしゃれは見栄とやせ我慢」などという言葉はそもそも価値観として薄れていたが、今年の冬に至っては本当に、そんなことを言ってる場合ではない。それでも、やっぱり時代にあった、手に届く、自分らしいおしゃれをしたいという気持ちは消えることはないと私は信じている。だから今、たくさんの女性たちが、メンズ、レディースというカテゴリーを気にせず、オーバーサイズのミリタリーコートをざっくりと無造作に、カッコよく羽織っているのを目にすると、なんだかとっても嬉しくなるのだ。

Text : Kaori Watanabe

※掲載商品の販売やお届け予定は変更になる場合がございます。詳細につきましては各商品ページをご確認ください。
※参考商品に関する詳細は、記載の電話番号またはWEBまでお問い合わせください。

Staff Credit

Photography : Takeshi Takagi〈SIGNO〉
Styling : Yumeno Ogawa
Hair & Make-up : Momiji Saito〈eek〉
Model : Yumemi Ishida
Text : Erina Ishida〈FW〉
Edit : Kaori Watanabe〈FW〉

トピックス