【RF mag.】2月は楽しく“おこもりフィットネス”

リラックス&スポーティ
気楽で快適なウエア

emmi yogaのブラトップとレギンスのコーデ写真

ROXYのタンクトップ&キャミソールセットの写真

adidas Originalsのトップスの写真

adidas Originalsのコミックプリントのジャケット&パンツ

Julierのヨガトップスの写真

NERGYのランニングパンツとニットパンツの写真

Reebokのフィットネスウエアの写真

フィットネスを盛り上げる
「プラスワン」アイテム

adidas Originalsのブーストシリーズの写真

NERGYのヨガマットの写真

B:MING LIFE STORE by BEAMSのサーモマグの写真

インテリアにもぴったり
おうち時間の新しい仲間

LADONNAの加湿器の写真

Toffy storeのセラミックファンヒーターの写真

IonicBreezeの空気清浄機の写真

APOTHIAのディフューザーの写真

from editors

自粛中、ダイエットは
自粛しないぞ。

 「あれ~、なんか太った?」と、出会い頭に聞いてくる人っていませんか。「髪型、変えた?」じゃなくて、「太った?」の人(怒)。その人自体は好きなのに、会う前に「あ、最近、緩んでるからなんか言われるかも...」と身構えるのが嫌だ。自分に対してだけではなく、一緒にいる誰かにその言葉が飛んだとしても必ず「太ろうが痩せようがあなたに関係ない。体型のことをネタにしていいのは本人だけ」と被せ気味に言い返すようにしている。だがしかし、長らく続く自粛生活と、下半身の映らないオンライン打ち合わせの主流からの気の緩みは避けられない事実であり、なんか太ったというか、確実に太った。周りからも「私史上最高体重」という嬉しくない造語が続々と聞こえてくる。というわけで、“おこもりフィットネス”に励みましょう。コロナ流行前からは比べ物にならないくらい、YouTubeでのトレーニング動画も充実している。私のお気に入りは「ひなちゃんねる」。けっこうきつめの筋トレのコンテンツが並ぶけれど、画面に時折映り込む2匹の猫に癒される。もうひとつはMarina Takewakiさんのトレーニング動画。こちらはマンションに住む人用に、音がうるさくないよう飛ばずにできる有酸素運動など、アイデアと工夫が素晴らしい。テレビやパソコンの前で、ちょっと気分の上がるトレーニングウエアを着て、ヨガマットを敷き、空気清浄機や加湿器のスイッチを入れるだけ。さあ、いつでも、どこでも、自分のペースで、ダイエット開始!

Text:Kaori Watanabe

※掲載商品の販売やお届け予定は変更になる場合がございます。詳細につきましては各商品ページをご確認ください。
※参考商品に関する詳細は、記載の電話番号またはWEBまでお問い合わせください。

Staff Credit

Photography:ITCHY
Styling:Yumeno Ogawa
Illustration : Chiaki Mori
Text:Erina Ishida〈FW〉
Edit:Kaori Watanabe〈FW〉

トピックス