【RF mag.】秋のおしゃれは、色で遊ぶ!

秋の定番カラー、ボルドーを巧みに重ねて。

秋の定番カラー、ボルドーを巧みに重ねて。の写真

人気のピンクはカジュアルに
取り入れるのが正解。

人気のピンクはカジュアルに取り入れるのが正解。の写真

注目カラーのコバルトブルーを、
差し色で効かせる。

注目カラーのコバルトブルーを、差し色で効かせる。の写真

マスタードやブラウン、
秋特有の色をレイヤード。

マスタードやブラウン、秋特有の色をレイヤード。の写真

シルバー×パステルが新鮮!

シルバー×パステルが新鮮!の写真

グリーンで作る、洗練のリラックススタイル。

グリーンで作る、洗練のリラックススタイル。の写真

from editors

色で遊ぶか、黒を極めるか。

 街を歩く女性がどんどんカラフルになっている。ヘアにアイメイク、ワンピースにパンツ、頭のてっぺんから足のつま先まで色を存分に楽しむ人たちがたくさんいて楽しい。ボトムは、黒やグレーといった定番色から売れていくというのはもはや昔の話、今は派手な色から先に完売となるのが当たり前だ。今年の冬は、ついにアウターに関しても淡いイエローやブルーといった色が主流となりそう。冬にパステルカラーが広がったのち、次の春は赤や緑など原色へと流行りが移行するとも言われているけれど、結果やいかに。
 私はファッションにおいて「無難恐怖症」というものを発症している。そのため、なんとなく身につければ、それなりに様になる黒のアイテムをずっと避けて通ってきた。ところが、例に漏れず、K-POPに触発されて、春に人生で初めてヘアブリーチをし、ピカピカのオレンジにした。それ以来怖いものなしで、今は赤、次はピンクを狙っている。そうするとこれまで避けていた黒の洋服を怖がらずにすんなりと着られるようになり、今は、精力的に黒を着ている。世の中の流れからは外れているけれど、マイブームは大切にしたい。こうなったら、やっと和解した気持ちすらある黒の装いをとことん楽しもうと思っている。

Text : Kaori Watanabe<FW>

※掲載商品の販売やお届け予定は変更になる場合がございます。詳細につきましては各商品ページをご確認ください。
※参考商品に関する詳細は、記載の電話番号またはWEBまでお問い合わせください。

Staff Credit

Photography : Takeshi Takagi〈SIGNO〉
Styling : Yumeno Ogawa
Hair & Make-up : Katsuyoshi Kojima〈TRON〉
Model : miu
Text : Erina Ishida〈FW〉
Edit : Kaori Watanabe〈FW〉

トピックス