オンライン接客サービス

対象ショップ

Rakuten Fashionでは
対象ショップのコンシェルジュによる
テレビ電話を用いたオンライン接客サービスを行っております。

こんなときや!

色味やサイズ感などを
詳しく確認したい

あんなときや!

街に出かけた時と同じ様に通販でも接客を受けたい

こんなときも!

自分に似合う服の
アドバイスをして欲しい

お家にいながら納得のお買い物ができる!

ご利用方法


接客サービスは「今すぐ接客を受ける」「予約して接客を受ける」の2種類がございます。

A

今すぐ接客を受ける場合

Step1

対象ショップで気になるアイテムを探しましょう。

Step2

対象ショップページまたは商品ページ左下の「ビデオ通話で相談」ボタンをクリックし「いますぐビデオ通話で相談」を選択してください。

Step3

「対応可能」なっていれば接続可能です。「開始」をクリックするとビデオ通話で相談通話画面が立ち上がり、すぐにオンライン接客を受けることができます。

B

日時予約して接客を受ける場合

Step1

対象ショップで気になるアイテムを探しましょう。

Step2

対象ショップページまたは商品ページ左下の「ビデオ通話で相談」ボタンをクリックし「ビデオ通話を予約する」を選択してください。

Step3

カレンダーより、ご希望の予約日時をお選びください。
※ブランドによって予約可能日時は異なります。詳しくは各ブランドの予約ページ内カレンダーをご覧ください。

Step4

SMS(電話番号)またはEメールを送信すると認証コードが届きますので、画面上で認証コードを入力、送信すると予約は完了となります。

Step5

予約が完了する「通話用URL」が記載されたSMSまたはEメールが届きます。当日は通話用URLをタップしてビデオ通話を開始してください。

※予約後に変更やキャンセルも可能です。SMSまたはEメールに記載された予約ページURLより、予約日前日までにお手続きください。

対象ショップ


Rakuten Fashionで取扱い中のアイテムが当サービスの対象となります。
セール品や在庫わずかのアイテムなど、場合によってはお問い合わせにお答えできないも場合もございますのでご了承ください。

FRED

1936年にパリに創業したフランスのジュエラー。
地中海の碧い海と輝く太陽にインスピレーションを受けたジュエリーは、タイムレスであるとともに、
型にはまらないデザインで男女問わず人気を博しています。

新着アイテム


ATTACHMENT

ミニマルなデザインとシャープなシルエットをベースとしたリアルクローズと、
独自の世界観を表現しつつも、時代のエッセンスを上手く取り入れたコレクションのバランス感が国内外で高い評価を得ている。

新着アイテム


LAUTREAMONT

毎日を“情熱的に”生きる女性たち
一人一人を“自分らしく”輝かせる服

新着アイテム


QUEENS COURT

シンプルで甘すぎない大人のかわいらしさを追求する「QUEENS COURT(クイーンズコート)」。
トレンドをほどよくキャッチしつつも、あくまで「品の良さ」にこだわったレディライクなコンサバスタイルは、
いつの時代も変わることなく愛されるフェミニンスタイル。神戸らしいキュートな上品さを取り入れたいあなたにはピッタリ!

新着アイテム


VICKY

「神戸エレガンス」発祥の地をベースタウンに、“女性が最も輝く一瞬をより華やかに”にこだわった高感度なラインアップで人気の「VICKY(ビッキー)」。
自分らしくあることを何よりも大切にしたい大人のためのコンサバティブが魅力的です。

新着アイテム

利用規約


Rakuten Fashionオンラインビデオ接客サービス利用規約(ユーザー向け)

第1条(本規約の目的)

このRakuten Fashionオンラインビデオ接客サービス利用規約(ユーザー向け)(以下「本規約」といいます)は、楽天グループ株式会社(以下「当社」といいます)が運営するファッションECサイト「Rakuten Fashion」(以下「Rakuten Fashion」といいます)」において販売する商品の製造元(以下「本ブランド」といいます)と、ユーザーとの間の、オンラインビデオ通話での接客を可能とするサービスにつき、ユーザーに遵守いただく事項等を定めたものです。

第2条(用語の定義)

本規約において用いる用語の意味はそれぞれ以下のとおりです。

(1)本件システム
スピンシェルが提供するオンラインビデオ接客システム「LiveCall」をいいます。
(2)スピンシェル
本件システムの運営及び本ブランドへの提供を行うスピンシェル株式会社をいいます。
(3)本サービス
本件システムの利用を通じ、「Rakuten Fashion」において、本ブランドと顧客との間のオンライン上のビデオ通話を用いた接客を可能とするサービスをいいます。
(4)インターネット回線
インターネット接続を行うためのユーザー回線をいいます。

第3条(本サービス利用にあたって)

1.本サービスをご利用いただくには、スピンシェルが運営・提供する本件システムをお使いいただく必要があります。本件システム利用にあたり必要なパソコン、通信機器、インターネット回線、ソフトウェアその他一切の設備については、ユーザーが自己の費用と責任で準備、導入、保守及び管理を行うものとします。
2.本規約にて特別の定めがない限り、ユーザーは、スピンシェルが策定する本件システムの利用規約及びこれに関連する諸規定(ヘルプや注意書きを含み、これらをまとめて「本件システム利用規約等」といいます。)を遵守するものとします。
(本件システムの利用規約)LiveCallサービスご利用条件:https://livecall.jp/tos/
3.本サービスは無料でご利用いただけます。本件システム利用規約等のうち、利用料について定める部分は、当社に適用され、ユーザーには適用されないものとします。
4.本件システムは、スピンシェルが電気通信事業法上の電気通信事業者として運営し、ユーザーに対し提供するシステムです。当社は、本件システムの運営者・提供者ではありません。
5.ユーザーは、本件システムの利用方法、仕様等についてご不明点、連絡事項等がある場合、以下の対応窓口へ連絡を行うものとします。
(Rakuten Fashion カスタマーセンターお問い合わせフォーム:https://customer-chat.rakuten.co.jp/shopId/279405
6.ユーザーは、本サービス及び本件システムに関し、当社もしくはスピンシェルより対応、情報提供そのほかの協力を求められた場合、速やかに応じるものとします。

第4条(本ブランドとのコミュニケーション)

ユーザーは、本件システムを用いた予約・接客において本ブランドとコミュニケーションを行う際に、本ブランド及びその接客担当者の名誉、人格を棄損するような発言を行ってはならず、誠実な対応を行うものとします。

第5条(本件システム利用にあたって生じたトラブル等)

ユーザーは、本件システムご利用にあたってユーザーとスピンシェルの間で問題・紛争が発生した場合、自己の責任と費用において、当該問題を解決するものとします。これらの問題について、当社は責任を負いません。

第6条(お問い合わせ)

ユーザーは、本サービスを利用した本ブランドの接客もしくはその後のRakuten Fashionでの商品の購入に関しお問い合わせがある場合、以下の当社の対応窓口へ連絡を行うものとします。
Rakuten Fashion カスタマーセンターお問い合わせフォーム:https://customer-chat.rakuten.co.jp/shopId/279405
当社は、ユーザーからのお問い合わせの内容に応じ、本ブランドまたはスピンシェルのカスタマーサービスへ繋ぐことができるものとします。

第7条(個人情報の取扱い等)

1.ユーザーは、本件システムを通じた接客を申込み、又は接客の予約を完了した時点で、本規約に同意したものとみなします。
2.本システムを通じた接客およびその予約を通じて取得した個人情報は、本ブランドが本ブランドのプライバシーポリシーに基づいて適切に管理いたします。
3.ユーザーより取得した個人情報は、本ブランドが、本サービスを遂行する目的の範囲内でのみ適切に利用いたします。このことに同意いただいたうえで、本サービスにお申込みください。

第8条(禁止事項)

ユーザーは、以下各号の行為を行ってはなりません。

(1)本サービスを違法な目的で利用する行為
(2)本サービスの利用を通じて、本ブランド、その担当者及び他のユーザーへの名誉棄損、誹謗中傷等の行為
(3)本サービス、本件システムその他当社又はスピンシェルの事業の運営に支障をきたすおそれのある行為
(4)法令、本規約に違反する行為
(5)その他前各号に該当するおそれのある行為又はこれに類する行為

第9条(提供中止)

1.当社は、以下各号の場合には、本サービスの内容を変更又は本サービスの提供を中止することがあります。

(1)当社又はスピンシェルの電気通信設備、及び本サービスに関連するシステムの障害その他やむ得ない事由が生じた場合
(2)その他、当社及びスピンシェルが本サービスの内容を変更又は本サービスの提供を中止することが望ましいと判断した場合

2.当社は、前項の規定により本サービスの内容を変更又は本サービスの提供を中止するときは、当社
が指定するホームページ等により、その旨周知を行います。ただし、やむを得ず事前の周知が困難と当社が判断した場合は、この限りではありません。

第10条(損害賠償)

当社は、本サービスに関連してユーザーの行為により損害を被った場合、その賠償をユーザーに請求できるものとします。ただし、ユーザーに過失がない場合はこの限りではありません。

第11条(免責事項)

当社は、第9条(提供中止)の規定に基づく本サービスの利用中止、利用停止、利用の制限並びに本サービス提供の終了その他本サービスに関連してユーザーに損害が生じた場合、責任を負いません。ただし、当社に故意・重過失がある場合はこの限りではありません。

第12条(本規約の範囲・変更)

当社は、本規約の全部又は一部を、ユーザーの承諾を得ることなく変更又は廃止することがあります。この場合の提供条件は、変更後の規約によります。なお、当社は、本規約を変更又は廃止する場合は、電子メール、インターネット上の表示その他当社が適切と判断する方法により、ユーザーに事前に通知を行うこととします。

以上
2021年9月28日制定